金貨の流通

金貨とは、素材を金として作られた貨幣のことを意味しています。金の他に銀を素材として銀貨、銅を素材として銅貨が存在し、昔から世界で流通されています。金といえば、今でも高価で取引されていますが、昔から金色というだけで見栄えがよくて加工しやすく、サビ等に強いことでも、貨幣としての価値は大きいとされています。歴史を紐解くと、金貨の出始めは古代ローマにさかのぼるようです。ですが、純金の金貨は硬さに欠けるため、他に銀などが混入したものが実際に流通していたと考えられます。

この流れは現在も同じで、流通している金貨は純金ではない場合が多く、日本で作られた金貨においても、金は90%というものが殆どです。現在、金というと、純金で取引されている事が多いですが、金がこのような価値を持ったのは1800年ころからとのことです。経済との連動をもたせることで、現在は金貨の流通はないとされています。流通していない興味本位の記念金貨などについては、イベントごとに発行されることがあります。

例えば、現在金貨として10円玉くらいのものがあったとしたら、それだけでも何10万円という金の価値を見出すことができるくらい価値の高いものとなっています。金貨というだけでなんとなく神々しい響きがあるのは、黄金に輝く光のせいだけではないでしょう。金は安定感のある価値は、金貨という存在ではなく、1つの財産として存在しています。自由に売買することができます。

○関連情報
投資用の金貨として流通しているアンティーク金貨を販売しているサイトです >>> アンティーク金貨

金の歴史

金貨ではなく、金として歴史を見ると、紀元前4000年ころまで遡ります。その頃は、お金の価値ではなく装飾品として使用されていました。しばらくこのような時代が続き、紀元前1500年ころに交換手段の基準として、金貨らしい価値になったといわれています。文・・・

銅貨が先

金貨のはじまりに関しては、諸説が色々とあります。一方の銅貨は、紀元前900年の中国で青銅製のものが発見されました。最初の金貨が紀元前600年ですから、銅貨に遅れること300年の隔たりがあります。銅貨は、その後商取引でも使用されることになりま・・・